最初で「最後v」の仮想通貨編|主婦の副業
ホーム > 仮想通貨 > 仮想通貨の保管は「ウォレット」で!

仮想通貨の保管は「ウォレット」で!

仮想通貨を保管する場合には、ウォレットと呼ばれる口座を用います。いわば財布のようなもので、通貨を保管しておくことはもちろんのこと、送金や入金などに用いることができます。ウォレットは大きく分けて5つあります。

1つ目が「オンラインウォレット」です。オンラインウォレットとは、文字通りネット上で保管しておく方法です。オンラインウォレットはさらに、仮想通貨を保管できるサイトと取引所が提供しているウォレットの2つに分けられます。

オンラインウォレットのメリットは「手軽に送受金できる利便性」と「サポートが充実している点」です。ネット環境にあればすぐに利用でき、保管だけでなく他のウォレットなどへの送金も簡単に行えます。また、取引所が提供しているウォレットなどはポートフォリオやチャートなどのサポートが充実していて、初心者でも簡単に利用できるのが魅力です。一方で、デメリットはなんといっても「ハッキングリスク」です。オンラインでの保管となるため、何者かによってハッキングされるリスクが高いのが現状です。

実際、2018年1月にも大手取引所であるコインチェックが約580億円ものネムをハッキングされたように、最もリスクの高い保管方法でもあります。二段階認証や分かりにくいパスワードなど、オンラインウォレットを利用する場合にはできうる限りのセキュリティ対策を行う必要があるでしょう。

2つ目が「クライアントウォレット」です。クライアントウォレットとは、自身のデスクトップ上で保管しておく方法です。Nano walletなどに代表されるようなソフトをダウンロードして使うのが一般的です。

オンラインウォレットとは異なり自身のパソコンで保管することが可能なので、ハッキングリスクを軽減することができます。

また、初心者向けのソフトも多く提供されており、他のウォレットと比べても簡単にダウンロードできるものも多いのが特徴です。

ただ、クライアントウォレットは一度ダウンロードすれば良いものの、初期設定には時間がかかるうえに、パソコンの容量も多く使うので注意が必要です。オンラインでのハッキングリスクはないものの、パソコン自体が故障したりウイルスに感染したりした場合にはデータを失ってしまう可能性も考えられます。

初心者でも手軽にセキュリティを上げられるウォレットですが、秘密鍵などは厳重に管理し、パソコン自体の管理にも気を配る必要があります。

3つ目が「モバイルウォレット」です。モバイルウォレットとは、スマホに専用のアプリをダウンロードして保管しておく方法です。クライアントウォレットがデスクトップなら、モバイルウォレットはスマホということになります。取引所が提供しているウォレットの中にはスマホのアプリ用のものも多く存在します。

モバイルウォレットのメリットは「いつでも気軽に管理ができる点」です。外出先でも取引や管理が簡単で、電子マネーのように買い物にも使えるのは利便性が高いといえます。

一方で、デメリットは「セキュリティ性に不安がある点」と「スマホが破損した際のリスク」です。モバイルウォレットはあくまで端末での保管なのでオンラインからは切り離されていますが、ネットを経由するサービスもあるので注意が必要です。また、スマホ自体を紛失したり破損したりすると影響がでる可能性があります。

4つ目が「ペーパーウォレット」です。ペーパーウォレットとは、文字通り紙に印刷して保管しておく方法を指します。

ペーパーウォレットのメリットとしては「オフラインでの保管が可能である点」と「通貨の受け渡しが簡単な点」が挙げられます。紙に印刷して保管できるので、オンラインからは完全に切り離されており、ハッキングなどのリスクがほとんどないのは魅力的です。また、印刷した紙のQRコードをスマホで読み取ることで通貨の送金が簡単にできるので、通貨の受け渡しに便利なのも特徴といえます。

一方で、デメリットは「紙自体を紛失した際のリスク」と「利便性が低い点」です。印刷された紙を紛失したり盗難されたりするとデータが失わされてしまう可能性があります。また、紙なので経年劣化の危険性があることも覚えておきたいところです。他のウォレットに比べて最も原始的なので、扱いにくい点は否めません。すぐに売買したい際には不向きといえます。

5つ目が「ハードウォレット」です。ハードウォレットとは、USB端末のような小型端末に保管しておく方法です。端末を購入してパソコンから通貨を転送することで端末内に保管できるので、安全性が高いウォレットです。ハードウォレットは他のどのウォレットよりもセキュリティが高いことで知られています。パソコンにつながない限りはオフラインでの保管が可能で、小型端末なので持ち運ぶことができるのも大きな魅力です。

一方で、デメリットは「端末を破損した時のリスク」と「端末の購入にお金がかかる点」です。ペーパーウォレット同様、端末自体を破損したり紛失したりしてしまうとデータが失われてしまう危険性があります。また、他のウォレットと比較すると保管にお金がかるのも難点です。LedgerやTREZORなどが代表的なハードウォレットで、相場は2万円前後となっています。お金はかかるもののセキュリティは高めなので、安全に保管しておきたい人にはおすすめです。



コメントする