最初で「最後v」の仮想通貨編|主婦の副業
ホーム > 仮想通貨 > 取引を始めるためにはどうすれば良い?

取引を始めるためにはどうすれば良い?

仮想通貨の取引を行うには、大きく分けて3つのステップがあります。

仮想通貨を取引したいと思ったら、まずは「取引所に登録して口座を開設する」ことから始めましょう。

国内の多くの取引所はメールアドレスの登録によって簡単に口座を開設することができます。その後、個人情報の登録と本人確認書類の提出が必要となります。本人確認書類は運転免許証やパスポートなどの写しを提出することで完了し、問題がなければ自宅に確認はがきが届くのが一般的です。この確認はがきをもって登録が完了し、晴れて仮想通貨の取引を開始することができます。この一連の流れは取引所ごとにわずかに異なりますが、登録には本人確認が必須となっています。

口座の開設が終わった後は、「取引用の日本円を口座に入金」しましょう。多くの取引所において、銀行口座からの振り込みや送金による入金の反映までに時間がかかることが多いので、余裕を持っておくことが大切です。入金が完了したら、仮想通貨の購入をすることができます。取引所によって取り扱いの通貨が異なりますし、注文の仕方も異なるので利用方法をよく確認しましょう。

仮想通貨は購入するだけでなく、「売却したり送金したりする」ことも可能です。購入時よりも高値で売却できればその分利益を得ることができます。また、取引所からウォレットに送金したり、他の取引所へ移動したりすることもできるので、保有した通貨の用途に応じて管理しましょう。



コメントする