最初で「最後v」の仮想通貨編|主婦の副業
ホーム > 仮想通貨 > 仮想通貨ってそもそも何?

仮想通貨ってそもそも何?

仮想通貨はビットコインとアルトコインに分けられます。アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨を指す言葉で、「代わりになるコイン」という意味合いがあります。仮想通貨といえばビットコインというイメージが強いですが、仮想通貨はこの世界でごまんと存在するのです。

仮想通貨の価値基準として用いられているのが、価格と通貨の発行枚数を掛け合わせた時価総額です。需要がある通貨は価格が上昇しやすく、時価総額が高い通貨は信頼性が高いと考えられています。2018年2月現在でビットコインが群を抜いて1位で、以下2位から順番にイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインとアルトコインが続く形です。それぞれのアルトコインには特徴があり、リップルのように銀行送金でのニーズがあるものや、モナコインのように日本の掲示板から生まれたという独自の歴史を持つものもあります。

仮想通貨と切っても切り離せないのが「ブロックチェーン技術」です。ブロックチェーン技術とは、中央集権を排除するために生まれたネットワーク技術のことで、その特徴は大きく3つあります。

1つ目が「改ざんが困難である点」です。ブロックチェーン技術においては、各取引履歴がブロックで管理され、それが直前のブロックとチェーンのようにつながっています。そのため、さかのぼって改ざんすることが極めて困難という特徴を持ちます。また、取引履歴を追跡することができるので、取引の管理においては非常に優秀な技術ということができるのです。

2つ目が「ローコストな点」です。莫大なデータを管理するのに必要だった従来の人的コストや電力コストを大幅に削減できるため、ローコストでの管理を可能としています。

手数料なども安価で導入が簡単なため、金融業界をはじめとする管理業務にコストがかかっていた業界には画期的な技術となっています。

3つ目が「中央管理者を必要としない点」です。ブロックチェーン技術ではそれぞれの利用者がシステムを管理しているというイメージで、中央管理者を必要としない個人間の取引を実現しています。管理者がいるとデータの改ざんや不正ができるといった懸念も解消できる技術として注目されています。ブロックチェーン技術は今後仮想通貨のみならず、幅広い業界での実用化が期待されている技術です。

ところで、仮想通貨は日本円のような法定通貨とどのような点が異なるのでしょうか。仮想通貨と法定通貨の違いは、大きく分けて3つです。

1つ目が「実物の存在の有無」です。法定通貨には紙幣や硬貨などの実物が存在します。それ自体の価値はほとんどないにせよ、紙幣や硬貨の価値は国によって担保されています。一方、仮想通貨は文字通り実物が存在せず、ネット上のデータです。目に見えない心配はありますが、ブロックチェーン技術によって改ざんなどが不可能となっているため、一定の安全性が保たれています。

2つ目が「管理者の有無」です。法定通貨は原則として国などの管理者によって管理されています。管理者がいることで発行量を操作することができるほか、国に対する信用がそのまま法定通貨の価値ということもできます。一方、仮想通貨は一部のアルトコインを除いて、基本的に管理者がいません。中央集権でないため、国の経済状況などに影響される心配もないとされています。

3つ目が「使える場所の違い」です。法定通貨は定められている国家でしか原則使用することができません。海外に旅行へ行く場合には、日本円をその国の通貨に両替する必要が生じます。一方、仮想通貨の場合には国境がありません。特定の国に管理されているわけでもないので、禁止されていない国である限りはどこでも使うことができます。両替にかかる手数料もないため、手軽に利用できます。



コメントする